歯の豆知識

毎月歯の豆知識を更新しています

歯磨きだけでは虫歯や歯周病を防げない?!
歯磨きを頑張っていれば虫歯や歯周病を防げると思っていませんか?確かに虫歯予防・歯周病予防のためには歯磨きは欠かせません。でも、歯磨きだけでは虫歯や歯周病を防ぎきれないのです。
(2018.11) >>続きを読む
歯の根の膿(うみ)は爆弾?!
歯の根に膿がたまるというのは、歯に起こるトラブルとしては決して珍しくない症状のひとつで、歯科医院でも頻繁に治療が行われています。歯の根に膿がたまるのはどんな時か、そしてどのような症状が出るのか、見ていきましょう。
(2018.10) >>続きを読む
歯茎にニキビのようなものができた!これって何?
虫歯がひどくなって痛みを感じるのは、歯の中に入っている神経が痛みを感じているからです。このような話を聞くと、「歯の神経のせいで痛いんだから、いっそのこと神経がないほうがいいんじゃない?」と思う人もいるかもしれません。ですが、神経を取ってしまうと、色々と困ったことが起きてしまうんです。
(2018.09) >>続きを読む
歯の神経って必要なの?
虫歯がひどくなって痛みを感じるのは、歯の中に入っている神経が痛みを感じているからです。このような話を聞くと、「歯の神経のせいで痛いんだから、いっそのこと神経がないほうがいいんじゃない?」と思う人もいるかもしれません。ですが、神経を取ってしまうと、色々と困ったことが起きてしまうんです。
(2018.08) >>続きを読む
どうして歯石取りは定期的にやったほうがいいの?
皆さんは歯石を定期的に取ってますか?歯石を取った後というのはスッキリして気持ちがいいものですが、「機械の音が苦手」という人や、歯医者で歯石取りを勧められるから仕方なくやっている、というあまりポジティブでないイメージを持っている人もいることでしょう。でも、歯医者が定期的な歯石取りを勧めるのにはワケがあるのです。
(2018.07) >>続きを読む
二次カリエスとは?
虫歯の治療がやっと終わって、「もう歯の治療はおさらばだ!」なんて思っていたら、数年後にまた虫歯ができてしまった!というような経験はありませ んか?一度治療したところがまた虫歯になってしまうなんて、考えたくもないかもしれませんね。でも、治療したところというのは、高頻度でまた虫歯になってしまうものなのです。
(2018.06) >>続きを読む
産前・産後の治療
妊娠中は、赤ちゃんへの影響が気になりますよね。妊娠の初期・後期、産後はお薬に注意が必要な 場合があります。今回は、治療に最適な時期や、治療上の注意、麻酔とレントゲンの影響について解説しています。
(2017.07) >>続きを読む
妊娠中のお手入れと治療
妊娠中は、味覚や嗅覚が敏感になり、歯磨きもつい怠りがちに。また甘いものが欲しくなったり、 食生活も不規則になる事が多いです。むし歯や歯周病のリスクが高くなるので、無理のない範囲で 歯みがきを心がけましょう。歯ブラシや歯磨き粉を選ぶ際のポイントについてもお話します。
(2017.06) >>続きを読む
1~3歳の歯のケア
1歳ごろから奥歯も生えてきて、色々なものが食べられるようになります。その分、食べかすがつまったりすることも多いので注意が必要です。また、奥歯には複雑な形の溝がありますので、ここにプラーク(歯垢)がたまらないよう しっかりケアが必要です。2歳からは自分でみがく習慣をつけさせ、仕上げ磨きをしっかりしてあげましょう。
(2017.05) >>続きを読む
0~1歳の歯のケア
将来のお口の健康のためには、生え始めのケアが大切です。歯が出始める前(生後4ヶ月~)でも歯茎をケアすることでだ液がたくさん出るようになります。歯が少しでも生えてきたら(生後6ヶ月~)歯磨きをスタート。歯の数が増えてきたら(生後8か月~)歯間や裏側など、磨きにくいところに注意してケアしましょう。
(2017.04) >>続きを読む